小林商事株式会社 新商品情報

びん部会の小林商事様が、アルコール検知器の取り扱いを開始されました。


2022年4月より改正道路交通法施行規則が順次施行され、安全運転管理者による運転者の運転前後の状態確認業務が義務化されます。


また、10月1日以降は、酒気帯びの有無の確認をアルコール検知器を用いて行う事や、アルコール検知器を常時有効に保持する事が求められます。


置き型タイプ、ハンディタイプ、個人携帯用など、お客様の運用に合わせたアルコール検知器を各種取り扱っています。


詳しい情報は、小林商事様の公式HPをご確認下さい。









閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示